クリーニング豆知識

知っていると得をする! クリーニング豆知識

当店の水洗いは『銀イオン』で清潔洗浄!


当店の水洗いは『銀イオン』で清潔洗浄!

銀イオン洗浄シルバーウォッシュ使用のクリーニング店の声

●羽毛(布団・ダウンウエア)を水洗いした時の水鳥特有の生乾きのニオイがしなくなった。

●何をやっても消えなかった、加齢臭のしみついた毛布のニオイがなくなった。

●某プロ野球チームのランドリー部が使用し以前より汗のニオイが無くなった。

●コック服の植物油などのニオイが取れた。

●水洗いで生乾きのニオイが出なくなった。

●気になっていた洗濯槽のニオイが消えた。

●気づいたら洗濯槽の裏側と排水溝がきれいになっていた。


銀イオン洗浄シルバーウォッシュの原理

除放性無期ガラスに銀イオンを練りこんだ製品で水に溶け込んでいき、銀イオンも放出され効果を発揮します。

効果
通常の洗濯(水洗い)では、衣類等から持ち込まれた種々な菌があり、洗濯水1cc当たり数千〜数万の菌があります。
試験結果で〈シルバーウォッシュ〉は殆どの菌が除去でき、除菌効果が確認されております。また除菌による消臭効果もあります。

銀イオン洗浄シルバーウォッシュ | permalink | - | - | pookmark |

衣類のカビ対策

クリーニングをして汚れを落とし、よく乾燥させます。
衣類に湿気が残っていると、カビが生えやすくなります。

クリーニング店から戻ってきた衣類も、ビニールから取り出し、1度風を通します。
湿度の低い日にに乾燥させてからしまいましょう。

ビニールにかかったまま収納しますと
暑い日に衣服に含んでいる水分が蒸発してビニールに付き、
その水分は均等に衣服に染み込まず、
衣服とビニールの間にいつまでも溜まってしまうので
カビの原因になります。

対策として

.織鵐垢縫疋薀ぅ撻奪箸覆匹僚湿剤が一般的な対策ですが、

マンション等、機密性のある場所ではすぐに水がいっぱいになってしまうので、
マメに変えられる方はいいのですが、

天気の良い日で風通しのある日はタンスを開けておくと、湿気がこもりませんので効果的です。

新聞紙は湿気も吸ってくれるのでタンスの下にひいておくのも良いです。

ぅ┘▲灰鹽の除湿(ドライ)機能も効果があります。

ゼ納場所は積み込み過ぎない。


収納場所に衣類を入れすぎてギューギューの状態では湿気が溜まりやすく、
カビだけではなく害虫の被害にも遭いやすいです。

なおカビが付いてしまった衣服はクリーニング店で落とすことができます
衣類のカビ対策 | permalink | - | - | pookmark |

防虫・防ダニ加工

小児喘息およびアレルギーの原因となっているダニに対して強力な忌避作用があり、
ウール・シルク等の動物繊維に対しても虫よけとして高い効果があります。
市販の防虫剤とは異なり、衣類全体に加工するので防虫効果が非常に高く、ガス化しないので防虫効果が次のクリーニングまで持続致します。
その他にもイヤな臭いがなく、人体にも非常に安全性が高いので安心してご利用になれます。


防虫・防ダニ加工料金
セーター 300円
スラックス400円
上着   500円
コート  600円

特殊加工クリーニング | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

防炎加工

準備中です。たらーっ
特殊加工クリーニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

折り目加工

ズボン、ヒダスカート等の折り目を消えにくくする加工です。
通常のクリーニングによるプレスよりも折り目の持続効果があり、きれいでしっかりした折り目を保ちます。
身だしなみに差が出ます。

折り目加工料
ズボン 500円
スカート ヒダ1本につき 100円

特殊加工クリーニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

衣類の防虫対策

虫食い衣類の防虫対策

衣類の虫害の原因は、シミや汚れが残っていること、
あとは湿気もです。
害虫は暗くて湿度の高い所を好む虫のため 、
衣類にとって湿気は
カビや害虫の繁殖に最適な場所です。

暖房の行き届いている現在では、1年中 虫に食われる可能性があります。

クリーニングして綺麗にしてからタンスにしまいます。
クリーニング店から戻ってきた衣類も、ビニールからとりだし、1度風を通します。

防虫剤は
収納場所に衣類をギューギューに入れすぎても効果は、
半減しますし、防虫剤の置く場所にも気をつけなければなりません。

防虫剤がガス可した気体は、空気より重いので下に下にと溜まっていきますので、
防虫剤は、衣類より上の場所に置かないと効果は、半減します。

2種類以上の防虫剤を一緒に使うと化学変化を起こし、液化してシミをつける恐れ
があるのでやめましょう。


衣類を食べる虫は、主にウール、カシミヤ、シルク(絹)などの動物繊維を食べますが、
その中でも特にやわらかいカシミヤなどの高級衣類が大好物ですので、
高級衣類ほど注意が必要です。

クリーニング店での防虫加工は、衣類全体に加工するので防虫効果が高く、
ガス化しないので防虫効果が次のクリーニングまで持続します。
衣類の防虫対策 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

profilephoto